屋根・外装工事メニュー|藤沢市の屋根修理「ハートランドホーム」

屋根・外装工事メニュー|藤沢市の屋根修理「ハートランドホーム」

  • 0120481882

    【電話受付】8:00~19:00 ※水曜定休

屋根・外装工事メニュー

屋根葺き替え
(やねふきかえ)

これまでの屋根を解体し
新しい屋根に葺き替えます

屋根の劣化が進むと、雨漏りを引き起こすリスクが高まります。建物の状態を維持するには、瓦(和瓦・スレート瓦)や金属板などを除去し、土台部分となっている屋根の葺き替えが必要です。工事は修繕が必要な範囲や屋根の状態に合わせ、一部もしくは全面的な葺き替え工事が可能です。

屋根瓦葺き直し

既存の屋根材を再利用
下地部分のみ交換します

葺き直しでは、耐用年数を超えた防水紙や屋根材を支える野地板を交換し、屋根の耐久性や耐水性のアップを目的としております。これまでの瓦などの屋根材を再利用するので、工事費用を抑えたリフォームが可能です。建物の外観もほとんど変わらず、地震や雨風にも耐える屋根に蘇らせます。

屋根カバー工法

既存の屋根はほぼそのままに
上から新しい屋根で覆います

屋根カバー工法は、新しい屋根を現在の屋根に覆いかぶせる方法です。瓦屋根への施工は難しく、スレート屋根や金属屋根に適した工法です。二重屋根になるので、断熱性や遮音性の向上も期待できます。

屋根塗装 外壁塗装

外観の美しさを保ち
劣化や雨漏りを防止します

屋根や外壁の塗装は、築年数の経過とともに劣化していきます。塗装の剥がれやひび割れにより、雨漏りやカビなどが発生しやすく、建物の寿命が短くなる原因になります。塗装の塗り直しを行えば、建物の外観が美しくなることに加え、建物の劣化防止にもつながるのです。

漆喰工事

瓦と瓦の接着剤である漆喰を
補修する工事方法です

漆喰は瓦同士をつなぐ接着剤ですが雨風に晒されやすく、時間の経過とともに劣化して剥がれ落ちてしまい、瓦のズレや雨漏りのリスクが高まります。工事では漆喰を詰め直し、瓦が割れたり欠けたりするのを防ぎます。

棟板金・破風板工事

台風などで劣化した
棟板金・破風板を交換します

棟板金とは、屋根と屋根の接合部分を覆い、屋根材の固定と雨水の侵入を防ぐ目的を持つ金属製の板金です。一方、破風板は雨樋が無い屋根の端をカバーし、風の侵入などを食い止める効果が期待できます。二つに共通しているのは、特に風の影響を受けやすく、劣化しやすいということです。劣化を放置したままだと、板金や板が風で飛んでしまうリスクがあり、雨漏りや風が侵入する原因になります。屋根のなかでも修理頻度が高い箇所なので、定期的な点検や修理が必要です。

雨樋(あまどい)工事

劣化した雨樋を
新しいものへ交換します

雨樋は屋根に落ちた雨水を集め、地面の排水溝に向かって素早く流す役割があります。雨漏りや、雨水が外壁へ直接当たることによる腐敗を防ぎます。風が強い日や台風が過ぎた後は、雨水が集まる集水器付近に葉っぱが溜まりやすく、水の流れをせき止めることがあるので注意しましょう。

防水工事

雨漏りを防ぐ防水工事は
劣化状況に合わせて行います

傾斜がない屋根や屋上には雨水が溜まりやすく、汚れや劣化を防ぐには防水加工が欠かせません。主に「シート防水」「FRP防水」「ウレタン防水」が、防水加工に用いられます。しかし、面積や形状によっても適した素材が異なるため、建物の特徴をプロの目線から把握し、最適な防水加工の施工プランをご提案いたします。

ページトップへ戻る